スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
小喬護衛
2011-08-11 Thu 01:53
適正Lvあればソロ出来て当たり前みたいな場所なんで
今更攻略とか動画需要なさそうだけど・・・
それ言っちゃったら書くネタがなくなっちゃうんでw


小喬護衛ソロ動画




必要Lvとか報酬
小喬護衛


進路方向と勝利/敗北条件
小喬護衛(勝利敗北条件)


MAP
小喬護衛MAP(イベント発生と罠位置)

■炎の罠 ■網の罠 Eイベント発生場所 ★ボス



攻略ポイント
思いついたの書いてくんでいくつになるかわかりませんw

1.1本道ですが小喬がどんどん突っ込んで行きがちなのであんまりのんびりは出来ません。
小喬が死んだらゲームオーバー
あと、小喬さんは建造物(柵とか)が大好きなので通りすがりに暇だからといって壊さないで残しておいてあげましょう


2.トロイほど大砲まんせーなMAPではありませんが、
敵の基本待機型が凸型なので大砲傭兵なら一度に4体倒せる可能性大
敵を動かす前に攻撃を仕掛けられるようになりましょう


3.敵の行動パターンを覚えましょう
こちらがどのように動いたら次ターンで敵がどのような(誰を)攻撃をしてくるかほぼ決まっています
それを理解していればちょっとピンチくらいなら護衛対象が死亡したりすることはなくなります


4.イベント発生のターンを上手に活用
他のMAPでもそうですがイベント発生後はもう1度自分のターンになります
また、護衛系MAPでのイベント発生は護衛対象がフル回復するタイミングでもありますので
ピンチに陥ったとしても切り抜けられる可能性が出てきます


5.召喚門は無視でおk
・・・なんですが、イベント発生後小喬がある程度進む前に召喚門から敵が沸いて移動してくると
小喬さんは中ボスそっちのけでそっちに1人戻って行っちゃうので、
気が付いたら後ろで小喬フルボッコされてたなんてことがないように気をつけましょうw

召喚門から沸くのは剣2と槍2の合計4体なんで
それを倒した直後に次のイベント発生させれば余程のことがない限り小喬は後退しません


6.最大の敵は味方NPC
小喬護衛に限らず大抵のMAPは罠解除をしなくても通り抜けることが可能なんですが
ここだけは途中の兵舎から沸いてくる味方NPCが罠に突っ込んで道連れにされることが多いです
特に洗脳された夏候惇のいる橋!護衛隊長まじ死んでほしいwww
動画でも1人捕まってますが進むタイミングちゃんと合わせれば回避は可能です


7.自分の火力に自信がなかったら毛玠退治後の広場っぽいとこの両サイドにいる敵大砲(投石)系MOBも倒すこと
ボス直前のイベント発生後に小喬が後退してそっちに走ってくことがあります。
ボスを2~3ターンで倒せるならいいけどそれ以上かかるようだと先に小喬が死ぬかも
助けに行く手間を考えたら倒しとく方が無難


8.ボスは位置取りさえマスターすれば時間切れにならない限り絶対倒せます

・ラスボスのとこでボスが小喬のとこに突っ走って行って小喬乙でオワタ
(逆パターンも有。小喬がボス殴りに行って次ターン返り討ち)
・せっかくセトかけたのに次のターンでセトにボスが突っ込んできてセトぬっ殺されてgdgdなった

こんな経験ありませんか?
これらは全部自らのの行動が悪くて起こるバッドエンドです
たまにボスや小喬に八つ当たりしてるのを隣で見かけますが小喬もボスも悪くありませんw

対ボス戦味方位置取り基本パターン(魔法を使用してこないボスの場合)
小喬ボス位置取り

↑の画像を例に説明してみます

まず、画像を見てお気付きでしょうか。ボスは他のMOBや味方キャラより大きいんです。
マス目にして2×2の4マスもあるんです。
ということは、、、移動(通り抜け)をする際連続した2マスの通路がないとそこを通れないんですね

そこを利用して対ボス戦での役割分担を決めましょう。
・壁役2~3人(通路幅に合わせて必要な最低人数)
・セト(凶暴)待機兼暇つぶしに殴る回復1人
・ひたすら殴るアタッカー1人

役割分担が決まったらなるべく細い通路を探しましょう
大抵のMAPはボス周辺に狭い所があります



上の画像では壁役(砲ヒ・巨砲)、セト(神官)、アタッカー(神官兼任)
ドルイドとカタパはそれぞれ、囮($)、サブアタッカー(カタパ)
多分カタパにセトするとセト死するくらいの寿命なんでカタパをサブアタッカーに据えてあるんでしょう
(結構前の画像なんで詳細忘れたw)

こんな感じの役割分担で壁・囮役を2マス以上開けないように配置して、
その後方にセトとアタッカーを配置します。
で、配置が決まったらその位置を動かすような行動をしないように!
砲の射程が合わなくて動いちゃったとかNGです
1人動くとそこに通り道が出来たりするので全員配置換えが必要になります
動かないと殴れないくらいなら立ってるだけでもいいです

で、その壁役が倒れても基本放置でおk
復活の呪術書使いたいなら使ってもいいけどセト役にヒールは極力使わせないこと(セトのクール貯めに専念)
壁が死んだら後ろに来るんじゃねーのって思うでしょうが、
仕様上死体の上を踏ん付けて通り抜けは出来ないことになっています。
なので死んだとしてもそこに死体が転がってるだけでボスの通り道を塞ぐ立派な役目を果たしてますw
(※カタパは壊れた時点で残骸も残らない木っ端微塵になっちゃうんでその分穴が空くので注意)

あとは前の壁が死んでもセト役とアタッカーは無傷でピンピンしてるので
ひたすらセトと攻撃に集中できます。


ぶっちゃけ対ボスに対して杖のダメ補正が高いので神官でセトアタッカーとかでも余裕でいけます
無理してカタパを最後まで連れていかなくてもいいですw


上で書き忘れたけど、スキル(魔法)持ちのボスが相手の時は
壁とアタッカーの間をもっと広げてください



戦略TBS常連の方たちはこんなの当たり前だろjkなことばっかりだと思いますが、
これからデビューする方、ボス近辺で復活オンラインになっちゃってる方試してみてはいかがでしょうか(´∀`*)
スポンサーサイト
別窓 | 戦略TBS | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<JP『災禍の痕跡・寃魂の痕跡』 | JPまにあ | 8/10変更点と臨時メンテ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| JPまにあ |

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。